ベルセルク

著者:三浦建太郎

連載雑誌:ヤングアニマル

2002年には第6回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞を受賞し、全世界累計発行部数3000万部を突破した、ダーク・ファンタジー。
ストーリーも素晴らしいが、とにかく細部にわたり緻密に描かれた画力と世界観が読むものを圧倒します。
海外からの支持も高い作品。

特に14巻までの黄金時代編の内容は圧巻で、一気に読まなくてはいられない。
連載は2013年8月現在も続いているが、不定期連載なのが残念。本当に完結するのか!?作者の体調が心配である。

<あらすじ>
死んだ母親の骸から泥の中に産み落とされたガッツは、偶然通りかかった傭兵団に拾われ、過酷な環境の中で育ての親から剣術を教えられ、幼い頃から戦士として戦場で生きていく。ある日、育ての父を殺害してしまったガッツは傭兵団を脱走、流れの傭兵として各地の戦場を転々とする生活を送るようになる。そんなある時、ある城での攻防戦において凄腕の騎士を倒したガッツに、「鷹の団」団長グリフィスが目を留める・・・

アニメ化:1997年10月~1998年3月 『剣風伝奇ベルセルク』
映画化:2012年~2013年
    『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵
    『ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略
    『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨
パチンコ化:2013年8月 CR新世紀ぱちんこベルセルク(オッケー!!)


>>ネット通販参考価格

ページのトップへ