のだめカンタービレ

カテゴリー:, ,

著者:二ノ宮知子

連載雑誌:Kiss

2004年、第28回講談社漫画賞少女部門受賞。クラシック音楽をテーマにした作品。のだめをきっかけにクラシック音楽の世界に入った人も多いのではないでしょうか?それくらい影響力をもった作品。
ドラマ大ヒットの影響もあり、ピアノ教室に通う大人もこのころ急激に増えた。ピアノの先生の話によると、とにかく「「のだめ」が弾いていた曲を私も弾きたい!!」というリクエストが多く、初心者には難しい曲も多いため困ったという。
音大の日常も細かく描かれており、本当に音大生の生活はこんな感じなのか?と思ったが、実際にこのような感じらしい。作者はかなり取材していると思われる。

<あらすじ>
ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音大学生・千秋真一は、生まれ育ったヨーロッパに(胴体着陸の恐怖体験により)重度の飛行機恐怖症である為に行くことが出来ず(海で溺れたことがあり、船にも乗れない)将来に行き詰まりを感じて思い悩む日々を送っていた。ある日、千秋は酔っ払って自宅の前で眠ってしまう。目が覚めると周囲にはゴミの山と悪臭、そして美しいピアノソナタを奏でる女性がいた。彼女の名前は野田恵(通称・のだめ)で、なんと千秋と同じマンションの隣の部屋に住み、同じ音大のピアノ科に在籍していたのだった・・・。

ドラマ化:『のだめカンタービレ』2006年
映画化:『のだめカンタービレ 前編』 2009年12月
    『のだめカンタービレ 後編』2010年4月
アニメ化:第1期 2007年1月~6月まで(全23話)
     第2期『巴里編』が2008年10月~12月(全11話)
     第3期『フィナーレ』が2010年1月~3月(全11話)、 


>>ネット通販参考価格

ページのトップへ