聖闘士星矢

著者:車田正美

連載雑誌:週刊少年ジャンプ

『聖闘士星矢』は集英社の「週刊少年ジャンプ」に1985年12月~1990年11月に連載されました。最終回は1990年に創刊された「Vジャンプ」に掲載されました。車田正美先生の超代表作ですね。私も夢中になって読みました。Vジャンプで最終回が連載されるということで、Vジャンプも買いました。

未だに海外を含め多くのファンがいる人気作品。女性ファンも多いです。
作品中は魅力的なキャラが多数出現!!もちろん、ロン毛キャラも多数です。
女性聖闘士は、仮面を取るとみんなかわいい!!
ちなみに、どうでもよいことですが私は氷河とカミュが好きです。聖衣は水瓶座のゴールド聖衣が好きです。

内容はギリシャ神話を題材に、アテナの聖闘士と呼ばれる少年たちが、邪悪な敵と戦っていくという、シンプルかつジャンプの王道的作品。
特に十二宮編(黄金聖闘士編)は面白く、各宮を守る最強の聖闘士ゴールド聖闘士たちと戦いながら教皇の座を目指す。
作品の人気もここが最高潮で、ここで完結しても良かったと思う。

車田作品の「リングにかけろ」「風魔の小次郎」を読んだ後で、「聖闘士星矢」を読むと、「聖闘士星矢」に向けて、車田先生のストーリー展開方法や構成方法が、だんだんと確立されていった過程がわかって面白いです。

一番の魅力は聖矢をはじめとした主人公達も敵も「聖衣(クロス)」と呼ばれる鎧を装備して戦う事。この聖衣は聖闘士それぞれ違います。聖衣は普段は聖闘士の守護星座の形をしているんです。そして戦闘の時になると”ババーッ”と分解して、体に鎧として装着されます。
天馬星座(ペガサス)の星矢なら装着していないときは、ペガサスの形をしているんです。

連載時には毎回「聖衣分解装着図」が載っていました(コミックスだと巻末にずら~っと掲載されています)。どの部分がどこのパーツ当てはまるって感じで。それが非常に詳細にできていて、「これはすごいなーっ」て思いました。「良く考えたな~」っていつも感心。
人気絶頂のときには聖衣(クロス)のフィギュアも販売されて、大変人気商品でした。
今でも聖衣のフィギュアは「聖闘士聖衣神話」として販売されているんです。それも昔よりかっこよく、そして精巧に作られていますね。しかもめちゃめちゃ早く売り切れます。>>聖闘士聖衣神話

「君は小宇宙(コスモ)を感じたことがあるか」「燃えろ!!俺の小宇宙(コスモ)よーーー」「いくかね?ポトリと」「あじゃぱ~」などの名台詞多数!!
車田作品にやたらと多い「ばかな!」「なに!」「まさか!」などの台詞も健在です(笑)

「セブンセンシズ」って英語的にどうなの?とか「城戸 沙織:アテナ」がまさかの13歳とか考えちゃいけないのです。
勢いに乗って一気に読む漫画なのです

2014年初夏には「聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」がフル3DCGアニメーションで公開予定です。
それにしても、次にジャンプで連載された「SILENT KNIGHT翔」速攻打ち切られたのはショックだったな~

<あらすじ>
この世に邪悪がはびこるとき、必ずや現れるという希望の闘士聖闘士(セイント)。その拳は空を裂き、蹴りは大地を割るという。彼らは神話の時代より女神アテナに仕え、武器を嫌うアテナのために素手で敵と戦い、天空に輝く88の星座を守護としてそれを模した聖衣(クロス)と呼ばれる防具を纏う。6年もの厳しい修行を経てアテナの聖闘士となった少年星矢が、同じ境遇の仲間の聖闘士たちとともにこの世に蔓延する邪悪と戦う。

天馬星座(ペガサス)の星矢、龍星座(ドラゴン)の紫龍、白鳥星座(キグナス)の氷河、アンドロメダ星座の瞬、鳳凰星座(フェニックス)の一輝、の5人の青銅聖闘士(ブロンズセイント)が全編を通じて物語の核となる。

アニメ化:『聖闘士星矢』 1986年10月~1989年4月(TV)
     『聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編』2003年(OVA)
     『聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 前章』2005年(OVA)
     『聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 後章』2006年(OVA)
     『聖闘士星矢 冥王ハーデスエリシオン編』2008年(OVA)

映画化:『聖闘士星矢 邪神エリス』1987年7月(アニメ)
    『聖闘士星矢 神々の熱き戦い』1988年3月 (アニメ)
    『聖闘士星矢 真紅の少年伝説』1988年7月(アニメ)
    『聖闘士星矢 最終聖戦の戦士たち』1989年3月(アニメ)
    『聖闘士星矢 天界編 序奏~overture~』2004年2月(アニメ)
    『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』2014年初夏公開予定(3Dアニメ)

パチンコ化:『CR聖闘士星矢』(2011年9月 三洋物産)
      『CR聖闘士星矢 星の運命』(2013年11月 三洋物産)

パチスロ化:『パチスロ聖闘士星矢』(2012年9月 三洋物産)


>>ネット通販参考価格

ページのトップへ